2007年3月24日 (土)

イーモバイルで指来たっす!?

やば、気が付いたら2月とんでる。って、いうか既に3月下旬ですな(笑) 特に何事もなく元気にしてます(^^;

最近の出来事だと、松屋がいつの間にかアメリカ産牛肉を再開しててげんなりしていることとか、Jリーグを久しぶりに観戦したのにご贔屓チームが完敗だったことだとかって感じなんだけど、久しぶりに熱い、熱い情報があってブログは更新しないまでもワクワクしていた物がありました☆それは

イーモバイル事業開始( ´-`)

コレっすよ(☆。☆) 今まではNTT DoCoMoauSoftBankモバイル(旧vodafone)の三者体勢だったものに新星として参入!それがイーモバイル(EMOBILE)。

最近はCM(指来たっすねっというやつ)でも結構流れているイーモバイル。聞き慣れない会社でも親はADSL事業社のイー・アクセスだからあやしい企業でもないんです。通話は来年からの参入予定なので今年は何やるのって感じな人も多い中、実は真打はこちらにあるんですね!

データ通信定額( ´-`)
ついでに低額

PDA端末型のEM・ONEPCカード型端末のD01NEが3/31に発売。CFカード型のD01NXが4/13に発売です。私はPDA型のEM・ONEを予約しちゃいました。PCとの接続(これも定額)もするんだけど、単体で遊びたいってのもあるので。

で、実はイー・アクセス株を以前から持ってたりして既存株主優待って事で、端末初期費用が本当は39,800円の所が19,800円で購入することが出来ちゃいました。

ふ、幸先が宜しいぜぃ( ´-`)

今の所わかっている情報としては、

  • イーモバイルのサイトでオンライン販売か、大手家電販売店のみで取り扱い
  • EM・ONEはPCUSBBluetoothによって接続してPCモデム的な使い方が定額料金で可能
  • 12月末での株主と社員販売、関連企業割当販売は、EM・ONEが39,800ではなく19,800で買えること
  • 3月末株主(3/26までに株購入)も6月になったら優待で19,800で買えること
  • カード型であれば、優待で割り引き購入も可能であるが、データ通信カードを持っていれば初期費用が1円で購入できること
  • 今なら、5/31までは、初期手続き費用無料
  • いつ利用開始しても、5/31までは月額利用料無料
  • 3/31利用開始なら、利用開始月が3月となる「にねん」「いちねん」においては1ヶ月お得
  • プランは、今の所全てデータプランのみ
  • 端末代割引購入において入る「にねん」「いちねん」 5,980円/月
  • 端末代金一括払いにおいて入る「ベーシック」5,980円/月
  • 「ベーシック」契約可能な人が加入出来る「年とく割」4,980円/月
  • 「にねん」「いちねん」が契約満了すれば「ベーシック」に自動的に移行
  • 「にねん」「いちねん」は途中解約すれば、別途契約解除料金がかかる(端末代金の後払い的主旨)
  • しかし、EM・ONEは実際即解約の場合でも「にねん」の方がトータルで安いので、「にねん」にしとけばとりあえずOK
  • データカードの場合も同様に「いちねん」にしとけばOK
  • 10MのADSLセット契約が可能 +1,500円
  • 2009年2/28 までのキャンペーンで、上記より1,500円割引OK。しかもそれはキャンペーン内申込みならイーモバイル契約中無期限OK
  • ADSLは、キャンペーン内ならば、後日申込みも可能
  • ADSLは、タイプ1のみ。メルアドは付かない
  • ついでに、EM・ONEやデータカードにもメルアドは付かない
  • メールはフリーメールか、別途プロバイダメールなり使うこと
  • 3/31でのエリアは23区と、名古屋大阪・京都の都市部のみ(赤色)
  • 4~6月において、その周辺に広げる予定(オレンジ色)
  • 来年に通話事業開始予定
  • 当面NTT DoCoMoとのローミングによって、自前エリア以外の地域の通話エリア確保
  • データ通信エリアは自前エリアのみ
  • 基地局情報は、総務省の電波利用ホームページで参照可能
  • その場合は、1857.4MHz、基地局(PHS除く) で、検索する
  • 電池パックなどのオプションは今日時点でも価格が全く不明
  • 外部バッテリはPSP用なんかが使えるかも?
  • ACアダプタの出力が1.5Aなので、電源OFF充電はOKとしても外部バッテリでの運用は機種を選ぶかも?
  • EM・ONEをもし解約したら、中のSIMはイーモバイルに返却することとなっている
  • SIMを抜くと、WiFi接続もワンセグも駄目になってほぼ使えない物になる
  • いったん解約した端末を使って、再度契約するといった持込新規は行っていない

こんな感じかな?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年1月11日 (木)

スカイプは日々進化している

スカイプのネタについてはまた今度載せようなんて悠長なことを言ってる暇はないくらい、スカイプの中の人は頑張っているようです!

通話料金で定額制導入へ スカイプ、固定と携帯向け
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/20070110a2780.html

何が凄いかってのは後で書くとして、まずはスカイプについての復習です。

スカイプ(Skype)ですが、以前にも書きましたが、簡単に言えばP2P技術を使ったIP電話です。簡単に言っていますが、実は利用も簡単。検索サイトで「スカイプ」とタイプして、上の方に出てきたスカイプのサイトに接続してソフトをダウンロードして、インストール。利用が初めてですから、新規にIDとPASSWORDを設定して、ログイン。以上!!!

スカイプの導入に関して言えばこれだけです。当然電話ということですから、音声の入出力が必要ですが、最近のPCであればマイク端子とスピーカが付いているでしょう。後はマイクを付けるだけで、同じように導入している人たちと、インターネットが繋がっている限り、世界中へ無料で通話が楽しめます。ここの文章を読むよりも実際に導入してみた方が早いって感じですよ。

一般的なアナログ電話よりも非常にクリアーな音で、音声の品質は高いと思います。通話以外にも、チャットも楽しめますし、webカメラを導入すればテレビ電話も楽しめます。

より便利に使いたいって場合は、ヘッドセットやUSB電話機などと機器を追加してもいいでしょうが、まずは試しにソフトだけ入れてみるというのがよいと思います。

さてさて、最初の記事なのですが、これ結局アメリカとかで年間30ドルで固定電話にも携帯電話にも固定料金っていうのやってるんだけど、日本でも導入するぜ!(ちょっと割り増しだけど)ってことなんですよ!! 携帯電話通話料金の価格破壊が遅々として進まない中、スカイプがその扉を開いてくれましたヽ(*^。^*)ノ

この少し高いを私は2割り増し(36ドル)と想定しました。で、今の為替は120円弱≒1ドル

年間 36ドル×120円程度 ≒ 3,980 ~ 4,380 円?
(勝手な想像ですので間違えないでね)

と、いうことは、某携帯電話会社のホ○○トプラン980円/月(同社携帯電話間のみ時間指定有)とも勝負が出来ますし、他社は話になりません(爆)

FONのようなWiFiスポットが世界中に広がって、WiFiスカイプ端末を利用する人が増えれば、プロバイダ各社、ルータ製造会社もFON対応を謳うのもあり得ますし、標準対応となれば爆発的な普及が望めるのではないかと夢広がっています。

ヤバイです。寝ようかなーとしてたのですが、この記事に気が付くのが遅くて、ちょっと、興奮して眠れないかも(笑)

Skype limited
http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html

スカイプ対応 USB電話機(Google検索)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=USB+%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%97%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E6%A9%9F&lr=

スカイプWiFi電話機(Google検索)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=WiFi%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%97+%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E6%A9%9F&lr=

FON
http://jp.fon.com/

FON Blog
http://blog.fon.com/jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

RICOH Caplio R5 ☆ 導入レポート

ここのblogで添付している写真は携帯電話で撮影したものです。機種は旧ボーダフォン(ソフトバンクモバイル)のV603SHで、最大200万画素光学2倍ズームという今では一般的な仕様の携帯カメラですね。しかし、あえて低解像度で撮影したデータから、周囲の余分なものをトリミングして、気持ち画像編集ソフトで調整しています(無意味に高画質にする意味がありませんので)。
そんな携帯カメラもさすがに今回で卒業でしょうか(^^; 今回はトリミング無しでいってみます。

外箱そして開封
01_1 02_1 03_1 04_1 06_2

中身を出してみましたが、説明書の類も簡単にまとめられてていいんではないでしょうか。ちょっと文字が小さいかなぁとは思いますが、見ない人は全然見ないですからね(^^;

取り出してみました
05 08_1 11_1

外観です☆
12_1 13 

光学7.1倍ズームの割にはなかなかコンパクト。カラーは黒にしちゃいました。

試し撮りは何度もしましたが、撮影サンプルとして載せられるほど私は撮影の技術はありません(^^ゞ 素人が撮影したものなので、そこら辺は割り引いて見てください。
# なんか、画像ではフルサイズ登録出来ない(800*600)みたい。右側のダウンロード方式がフルサイズ画像になります。

V603SH(携帯電話カメラ) 光学1倍 1632*1224
# 近所の看板を消去するため1回JPEG保存し直し/その他は未編集
Sample_v603sh_x1 「sample_V603SH_x1.JPG」

V603SH(携帯電話カメラ) 光学2倍 1632*1224
# 未編集(撮影したまま)
Sample_v603sh_x2 「sample_V603SH_x2.JPG」

RICOH Caplio R5 28mm 3072*2304
F値:F/5 露出:1/870秒 ISO:100 焦点距離:5mm
AUTOモードで晴天時、13時過ぎに撮影
# 近所の看板を消去するため1回JPEG保存し直し/その他は未編集
Sample_caplior5_28mm_2 「sample_CaplioR5_28mm.jpg」

RICOH Caplio R5 200mm 3072*2304
F値:F/4.8 露出:1/810秒 ISO:100 焦点距離:33mm
AUTOモードで晴天時、13時過ぎに撮影
# 未編集(撮影したまま)
Sample_caplior5_200mm 「sample_CaplioR5_200mm.jpg」

鉄塔のケーブルまでよく見えますね(笑)

ご購入はこちらから☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメ使用履歴☆そしてRICOH Caplio R5へ

先日、デジカメ買っちゃいました☆

私のデジカメ使用履歴は、EPSON CP-500旧ミノルタ(コニカミノルタ)DiMAGE X と非常にスパンが長く物を大事に大事に(^^; していたわけですが、それぞれ思い入れのある機種でありました。

CP-500は、当時35万画素全盛の時代に81万画素という高画質のデジカメが出たという画期的な製品。最近デジカメを購入したような方からすれば冗談みたいな画素数ですが、当時としては高画質で喜んでいたものです。確か当時7~8万円で購入した覚えがありますが、今その金額を出せば一眼レフタイプも視野に入りますね(笑)

デジカメだからメカニカルに近未来的にと普通のカメラから逸脱したスタイルが多い中、CP-500は見た目も普通のカメラっぽく、町中でもさほど違和感なく利用できたのを憶えています。ただし、非常に書込が遅く電池食い。単3電池が4本必要なくせに非常に消費が早いんですよ。まぁ、電池よりもその書込スピードの遅さに撮影し続ける気を無くす方が早い場面が多かったですが(^^ゞ

次のDiMAGE X。時代が進めば欠点が多く感じるCP-500において、どうしてもここだけは欲しいのだと感じた光学ズーム。このDiMAGE Xは、ぱっと見光学ズームが搭載されてないように見える中、プリズムを内蔵することにより光学ズームを隠してしまったという、これまた当時としては普及品では画期的な製品でした(笑) 光学ズームに取り憑かれていた私は喜び勇んで購入!そして愛用し続けていたのでした。

さてさて、そんなDiMAGE Xなのですが、こちらも時代が進めば当然色々と不満が出てきます。当時200万画素もあれば普通のプリントには問題ないといわれていたものですが、今や1000万画素というような機種も出る時代。携帯でも500万画素というような、ちょっとやり過ぎではというようなものも出る時代。さすがにちょっと高画質にしたい。それに電池の持ちが非常に悪い。CP-500と比べればアレですが、普通のカメラのような感覚でパシャパシャ撮影ということは出来ない機種ではありました。

そこで今回購入した RICOH Caplio R5。この機種の特徴は35mm換算で28mmワイド撮影が出来る点と、光学7.1倍ズームが付いている点です(28mm-200mm)。やはり光学ズームへのトラウマからは脱却していなかったようですね(笑)

最近のデジカメはカタログスペックを見る限り異常に電池の持ちが進化しているということは知っていましたが、素晴らしいの一言ですね。購入後に充電池へ活力を入れるために満充電→放電とするため、5秒間隔オートでフラッシュ強制発行+液晶On+最大画質での撮影をしましたが、500枚程度撮影できました(^^;。私にはこんな場面は想定できませんので、満充電さえしていれば電池の持ちについて安心できるということが判明。ついでに連射も素晴らしく速い上、2GBのSDメモリを持っていますので撮影枚数も問題なし。当分愛用できそうな予感がします。

次に導入レポートをあげてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)