« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月25日 (月)

ヘッドホンアンプ注文しました☆Go-Vibe V5

色々と検討した結果、やっとこさ注文出しました。まだ頼んだばかりで来るのはちょっと後になりそうですが。
と、いうのも、発注先はアメリカ。そうBSEで有名な(爆)アメリカです。牛肉の件ではなんやかんやと書いてたりしましたが、それはそれ、これはこれ。良い物は良いということですね。

今回候補としてあげてたのは、
 Emmeline SR-71
 Porta Corda III
 SuperMacro4

というヘッドホンアンプ。SR-71なんかはココのページを見てたらけっこう欲しいかなぁなんて思っていたのですが、どれもこれも結構な金額で、躊躇してたんですよね。そんな中、入ってきた情報が Go-Vibe V5(Version5) というヘッドホンアンプなのでした。

こちらの価格は、なんと$75。確かに外部アンプの必要性を感じない人からすれば、これでも高いのかもしれませんが、先の候補のヘッドホンアンプからすれば破格の安さ。取り敢えずポチってみました☆

私が利用している機器は、iPod 旧nano 4Gと、SHURE E500PTH-Jです。普段はイヤホン端子に直刺しで、機動性を重視していますが、ちょっと時間のある時なんかは今回購入したヘッドホンアンプから音を取ってみようと思ったのでした。nanoにはLine出力はありませんので、当然ドッグも購入してLine出力は可能なように待機してます。

注文ページには、ポータブル用途はLow Gainバージョンを忘れるな!みたいなことが書かれてありましたので、その通りに頼みました。さてさて、いつ届くことでしょう。

Go Vibe
http://www.go-vibe-headphoneamp.com/Home_Page.html

Ray Samuels Audio
http://www.raysamuelsaudio.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

食の安全と吉野家の牛丼

<吉野家>牛丼が18日に「復活」 食べる? 見送る?

18日に、吉野家の牛丼が1日限りで復活するらしい。たかだか380円程度のファーストフードである、たかが牛丼。されど、あの吉野家の牛丼であるから反響が凄い。1日限定100万食というのもかなりの広告効果もあるであろうし、マスコミ受けも良いのだろう。

実は私は吉野家の株主だったりする。そんな私がいうのも何なのだが、今回の牛丼は見送るつもりだ。18日は確かに1日限定かもしれない。しかし10月以降も限定的ながら販売するらしいし、わざわざ牛丼を列んでまでして食べるのはどうなんだろうと自問してしまう。

また、例え列ばなくてもよいとしても、食べる気がしない。あのアメリカは以前、「必要以上の安全を提供する」といいながら、背骨を送りつけた過去がある。まさか世間はもう忘れたのであろうか?

そして、その背骨など特定部位を検査する検査官が言いはなった一言は、「検査対象項目を知らなかった」だ。呆れるを通り越して、吉本のギャグ以下としか言いようがない。

必要以上の安全を提供すると、自信に満ちあふれ、更に安全なのに何故買わないんだ!規制するぞ!という国の、その国の検査官が、検査対象を知らなかったとほざいた国の奴らが、生年の記録もない牛の肉をただ見た目だけで月齢20ヶ月以下と検査し判断、合格させた牛を私は信用できない。 # 奴らの感覚で良いと判断したら、全てがよいのであろうか?

確かに、ひょっとしたら安全なのかもしれない。BSEは実際よくわかっていないため、ある意味絶対は無いのかもしれない。某国が言うように、車は人を傷つけないのか?規制するぞと言うように、某国(苦笑)の牛肉だけ嫌がるのも間違っているかもしれない。

しかし、食べる食べないは私の自由。誰かに押しつけられるのは好きじゃない。私が食べたいのは、出来るだけ安全のために努力、対処したもの。世の中には絶対はない。間違いは必ずある。

しかしそのリスクを単にユーザーに無理矢理背負わさせる奴らには嫌悪感さえ抱く。そんなもの例え食べたとして、旨いと感じる感性を私は残念ながら持ち合わせていない。

だが、私の思いとは裏腹に吉野家の牛丼は売れるであろう。他人に自身の身(安全)をまかせ、他人(政治)の決めたことに従順に従い、他人が決めたこと(年金、税制、社会システム)に不満は持ちながらもせっせと決まり事について行く。そして、愚痴を言いながらも彼らを承認(選挙に行かない)する。日本人はそういう人達。ある意味幸せなのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年9月13日 (水)

ヘッドホンアンプについて

せっかく良いイヤホンを購入しましたが、再生する機器については所詮はiPod nano。音(音質・音圧)は確かに各段に上がってはいますが、まだまだ本領発揮というわけではないでしょう。それはwavやロスレスにしていたとしても、nanoの性能(アンプ)から考えれば(あのサイズですし)ある程度は仕方ないこと。

少しの時間の移動中に聴く分には、小さく軽いnanoで遮音性と音質でE500という組合せは私にとっては最高なのですが、少し長い時間の移動(旅)とか、残業、休出でちまちまと仕事をするときのお供にって場合は、もっと上を目指せるならば目指してみたい。

色々と出費がかさんですぐには無理ですが、今度ヘッドホンアンプを導入してみる予定です。色々調べてみるつもりだけど、オススメってあるのかな?

当然Lineで繋がないと意味無いから、ドックも必要なんだけど、ここまでくるとnano最大の機能と言える携帯性が落ちますね(笑)

当然長時間聴こうとかいう場合でないと使わないと思いますが、ステレオタイプな人が多いので、一応書き込んでおきます。

あと、iPod = 圧縮音源 という考えも間違ってますよ。wavやロスレスも使えるんですから。1億3000万人もいれば、こういう人もいるわけですよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

検索って凄いね!

ココは私の日記帳。立ち寄る人もそんなに居ない、のんびりとしたところであるのだが、今日は何故だか通りすがりさんが多い。なんでだろう?とおもってたら、コレのせいだったのね。Yahoo!のトピにも掲載されてるし。

6万円イヤホンが大人気、品切れ状態…そのワケ

見てると、なるほどと思う反面、1億3000万人のうち1000人くらいはこんな人もいるという書き方が、何とも言えないですな。この記事を読んで、早速気になった6万円野郎を探してやろうと皆さんググっているわけですか。そーです、そーです、私ですよ。1000人のうちの1人は(笑) 発売前から予約してましたよ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄型テレビ、欲しいのだけど

こんな報道が。

1年で3割安の薄型テレビ、激しかったW杯直後の値下げ攻勢でインチ4800円に

薄型テレビも、普通に安くなってきているのですね。インチあたり4800円といえば非常に安い。うちのテレビは、もういつ壊れてもおかしくないソニーのブラウン管の25インチ。まぁ、映るから普段テレビを見る分には問題ないのだけれど、画面の端が映らない(安物ブラウン管は仕方ない)し、解像度は低いし。

と、いうのもチューナーだけは地デジ(BS)対応の専用チューナを持っているので、もっと綺麗に見たいよなぁ~という欲求は普段からある。

希望としては32インチでフルHD。コスト的な問題か何かはわからないけれど、何処も出す気配がない。あれだけ売れ線の32インチ。景気は良くなってもウサギ小屋はウサギ小屋。出れば多少高くても買う奴はいると思う今日この頃であった。

お願いしますよ、シャープさん(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

格差社会と金利格差

未曽有の好景気といわれる昨今であるが、小市民な私には何の事やらさっぱりわからない。
強いて上げれば、コンビニでも高級おにぎりが増えたなぁ~とか、ガソリンもかなり高いし、商品やサービスの価格も以前より高くなっていたり、下げ止まったりといった感じですかね。

あ~、そうそう。6万円もするイヤホンを発売前に予約する人や、その紹介ページを参照する人も結構居るといったことも好景気のなせるワザでしょうか(^^; うむ、確かにユニクロの破格のフリースや牛丼280円といった時代から考えれば、好景気なんでしょう。

そんな中、最近は下方向をうかがう株価であるが、以前に比べれば超高値。それに伴って金利も引き上げ方向に進みつつある現在、高利貸しだけは下げ方向への修正案が出ていたのであった。しかし蓋を開けてみれば腰砕けといった感じの修正案。

特例期間と、少額・短期の融資に限っては年28%の特例高金利を認める方向らしい。修正案の修正案も、期間こそ短く(5年から3年に)なったのだが、29.2%から28%では何の違いもないのではないか?

私の個人的意見としては、そんな金利で借りる人がいるから、結局暴利を貪っている暴利企業がはびこるわけで、その様な金利で借りる人が悪いと思ってはいるのであるが、折角の改正案なのだからもっと徹底的にやって欲しかったなぁと思う次第。

そもそも、そんな高金利でないと借りられない(貸せない)わけだから、上限金利を下げたからといって問題が解決するのだろうか。返せないほど借りている人が、金利が下がったからといって計画的に借りるのだろうか。そんな疑問も沸々と湧いて出る。暴利を貪る企業に同意はしないが、日本人特有の判官贔屓ではないかとも感じる。

この問題は、非正社員フリーターニートの増加、格差社会による低所得者層増大の問題。これらも関連していると思われる。金利を下げた下げないだけで議論するのは、少し違うのではないかと思う今日この頃であった。

参考までに、この様な状況になったのは全て多様な規制緩和のおかげ。自民党をぶっ壊し、規制緩和の名の下に色々なものを壊し続けてきた小泉さんのお手柄と言える。その様な実績が評価されているからこそ、今でも支持率は高いよね(爆) 本当に、私には理解できない国民性です(^^;

確かに企業は強くなった。それらが日本の景気の牽引をしているのは事実と言えるだろう。しかしここ日本に住む我々国民は、果たして救われているのであろうか。未来は明るいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

500km/hの超電導リニアに乗ろうよ!!

特に電車野郎というような奴ではなく、本人としては極一般的な小市民と自負しているのですが、このリニアモーターカーだけは譲れません。

新しい物好きという人にもうってつけ、スピード狂にもうってつけというスペシャルな乗り物。私の済む地域からはこのリニアモーターカーの山梨実験線は遠いのですが、ぜひ参加したい。

実は以前一度だけ参加したことがありますが、非常に短い乗車時間だったためもう一度乗ってみたいと体が欲しているのですね。それに前回は携帯カメラで録画しようとしていたのですが、見事失敗。今度いくのであれば、ぜひビデオカメラに記録して、そのスピードを何度も思い出したいというわけで、JR東海のサイトを覗いてみたのでした。

昨年は皆さんも御存じ、愛知万博のためリニアモーターカーの車体が万博会場に飾られ、多分話題を万博をメインにするためという処置によって、試乗募集が期間中はなく、通期でもかなり少なかったのですが、今年は特にそんなイベントもなくコンスタントに募集があるようです。夏休みの時期はさすがに遠慮していましたが秋になりそんな遠慮は不要!バシバシ申込みしちゃいましょう(^^; 参考までに、万博への移動手段には当然リニモを利用しました(笑)

次回募集は、11月2日(木)、3日(金・祝)、4日(土)です。近郊の方はぜひ2日を指定いただければ、遠方の方も助かります。3日、4日はみんなライバル。栄光のスピードを手にするのは果たしてどなたでしょうか。

って、ライバル増やしてどうする、自分 (^^ゞ

Welcome to LINEAR EXPRESS
http://linear.jr-central.co.jp/index1.html

JR東海(東海旅客鉄道)
http://www.jr-central.co.jp/

asahi.com:未来の鉄道はこんな形? 開発に挑むJR各社?-?社会
http://www.asahi.com/national/update/0902/TKY200609020240.html?ref=rss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »